自転車保険の必要性

昨今、自転車での事故がクローズアップされるようになりました。
とてもエコロジーな乗り物で、年齢を問わず運転できるところが自転車の魅力です。
しかし、歩行者と衝突したりしたことで事故を起こしてしまった時に、大きな怪我につながってしまうのは、車などとそこまで変わりがありません。
結果として、大きな賠償を背負うことになることが出てきているため、クローズアップされ始めてきているのです。


過去の事例として、小学校5年生が起こした事故では、20km程度の速度で坂道を下っていた時に女性と接触した事故があります。
女性は頭部の骨を骨折し、意識不明となってしまいました。
この結果、児童に過失があったとし、十分な安全指導をしていなかったとして、母親に対して9500万円の賠償命令を命じたのです。
この金額を考えると、母親が簡単に支払えるものではないでしょう。
子供の一生にも、拭うことのできない重荷を与えてしまうことになるのです。


こうしたリスクを考えた場合、自転車保険が必要になってきていることがわかるでしょう。
自治体によっては、条例により強制的にかけるようにするところも出てきています。
企業によっても、通勤時に自転車を使うのであれば、保険に入ることを強制するところさえあるのです。


自転車は年々増加傾向にあり、事故件数も併せて増加してきています。
明日は我が身になることも、可能性として否定できるものではありません。
保険は転ばぬ先の杖でしかありませんが、転んでしまった時に大きな支えとなってくれるものです。
たかが自転車と思わず、家族のため、自分のためにも自転車保険の適用を考えてみてはいかがでしょうか?


▼外部リンク▼
自転車事故の増加に伴って生まれた自転車保険の申込サイトです → 自転車保険 申込

Copyright © 2014 自転車保険とは? All Rights Reserved.